ピアニスト 川村 祥子 公式ホームページ

2022/4/2&4/9 ショパン✖️ラフマニノフ「音の絵」と「夜想曲」

コンサート2022/4/2&4/9 ショパン&ラフマニノフ「音の絵」と「夜想曲」

コンサート2022/4/2&4/9 ショパン&ラフマニノフ「音の絵」と「夜想曲」

2022/4/2(土) & 4/9(土)【ショパン✖️ラフマニノフ 「音の絵」&「夜想曲」】(前•後編)

2022年 

◉ 4月2日(土)旧東京音楽学校奏楽堂(上野公園内 旧奏楽堂)

◉ 4月9日(土)鎌倉芸術館 小ホール

「ピアニストの嗜好」シリーズ第一弾!

ショパンの夜想曲(ノクターン)全曲とラフマニノフ の音の絵(絵画的練習曲)op.33、39全曲を前・後編に分け、組み合わせた2公演(各公演プログラムは異なります)。

 ピアニスティックな音色の最高峰、ショパンのノクターンは初期の純粋かつ繊細に光輝く作品だけにとどまらず、人生の深さ慈しみを増し、晩年になればなるほど「音楽の贖罪」のような響きの領域に入り込む。

 一方、ラフマニノフの絵画的練習曲は、作品33と39にわかれ、広大で自然溢れる大地に根付いたラフマニノフの「郷愁の源泉」があたかも聞こえてくるような作品集。ところ彼処、冠婚葬祭ごとにさまざまな音色のバリエーションで鳴り響くロシアの「鐘」が現れ、ラフマニノフ の繊細かつ力強い、優しくも深淵な想いが、インスピレーションを重んじた彼 の”音の色彩パレット”で描かれている。

 これまで、私はこれらの偉大な作品に対し畏怖の念が強く、まだ時期尚早と、なかなか手につかなかったが、「今かもしれない」と直感がやっと降りてきた。

これらの名曲で、シリーズを幕開けできることに感謝し、今、地球のどこかで起こっていることに想いを馳せ大地を感じながら音を紡ぎたいと思う。

Translate »